ベビ待ちママが選ぶサプリ~妊娠したい・妊活ママの葉酸サプリ

ベビ待ちママには葉酸サプリ

葉酸は水溶性のビタミンB群の中に分類されている栄養成分であり、生のほうれん草、生のモロヘイヤ、牛レバー、茹でた枝豆などの食材に豊富に含まれています。
そしてこの栄養素がギュッと詰め込まれた葉酸サプリが市販されています。
この葉酸ですが、国の機関である厚生労働省により一定量の摂取が推奨されていることをご存知でしょうか。

image 特にベビ待ち(妊娠を望んでいる女性)は摂るように呼びかけが行われています。

また、葉酸は調理により成分が失われることから、通常の食事で摂る以外に、栄養補助食品である葉酸サプリで摂取することが推奨されているのです。
どうして妊娠を希望する人や妊娠中に摂るべきなのか、必要性を知りたいという人もいるでしょうが、生まれてくる赤ちゃんの健康に関係しているからです。
葉酸が十分に摂れている場合、お腹の中にいる赤ちゃんの神経管閉鎖障害(しんけいかんへいさしょうがい)にかかるリスクを低減できるのです。

反対に葉酸不足の状態に陥っていると、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクが増大することになってしまいます。
国で呼びかけが行われている以外にも、葉酸を摂取する必要性というのはあります。
たとえば、葉酸を十分に摂れていることにより、動脈硬化(どうみゃくこうか)、虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)といった病気の発症リスクを低減できるほか、閉経後の女性の乳がん発症率が下がるなどの効果があることがわかってきています。

葉酸サプリが必要な時期は?

水溶性のビタミンB群の一種である葉酸は、健康のため時期を問わず摂取したほうがよい栄養成分です。
ただ、特に普段より多く摂らなければいけない時期というのが存在します。

それは、妊娠の計画段階、妊娠中、授乳中です。
まず、妊娠の計画段階ですが、これは妊娠1ヶ月前のことを指しています。
ただ、実際に妊娠が明らかになってはじめて子供を授かったことがわかるので、子作りをし始めたら葉酸を積極的に摂らなくてはいけません。
そして、妊娠中ですが、これは妊娠後3ヶ月までの期間を指しています。
妊娠1ヶ月前~妊娠3ヶ月までのあいだは、葉酸を積極的に摂り、栄養バランスの取れた食事に気を遣わなくてはいけないのです。
なお、この場合の1日の推奨摂取量は0.4mgと厚生労働省では情報提供しています。
この量を食事や葉酸サプリで満たしていれば、お腹の中の赤ちゃんが神経管閉鎖障害と呼ばれる先天異常を起こす可能性が低くなるのです。

それから、授乳中ですが、意外と妊娠の計画段階や妊娠中に摂ったほうがいいということはわかっていても、授乳中まで必要ということを把握していない人が少なくありません。
授乳中の葉酸は赤ちゃんの健やかな成長に欠かせず、母親の良質な血液のもととなり、良質な母乳のもとになるのです。
また、出産後の体調を回復させるためにも、葉酸は必要不可欠な存在なのです。

なお、授乳中に摂りたい葉酸の量ですが、少なくとも0.28mg、なるべくなら0.5mgといわれています。
やはり通常の食事に加えて葉酸サプリを使用することで、効率よく必要量を満たしていきたいところです。

葉酸サプリの選び方

これから妊娠の計画がある女性や、妊娠中の女性、授乳中の女性は、普段より多くの葉酸を摂らなくてはいけません。

image 水溶性で水に溶け出しやすく、熱にも弱い葉酸は通常の食事で摂る場合、調理の過程で栄養成分が消失する弱点があります。
そこで葉酸サプリを摂ったほうが効率よく栄養補給が可能となるわけですが、いろいろな会社から葉酸サプリが発売されています。
どれがよいのか迷う人もいると思いますので、選び方のポイントを紹介したいと思います。


まず、葉酸サプリの配合量に注目してください。
妊娠1ヶ月前~妊娠後3ヶ月、授乳中は0.4mgの葉酸の摂取が推奨されています。
したがって、この摂取量を満たせるだけの配合量の葉酸サプリを選ぶと栄養補給が楽になります。
それから、葉酸サプリの安全性もチェックしましょう。
天然の原料が使用されていて、余計な添加物が不使用となっているものなら、安心して摂ることができます。

そのほか、多く摂ることが推奨されている時期というのは、鉄分やカルシウムが不足しやすいため、これら成分が葉酸サプリに追加されているとありがたいです。

そして最後は葉酸サプリの価格です。
一時的に使おうと思っている人の中には高くてもいいと思う人もいるかもしれませんが、そうでない人は品質がよくて低価格な葉酸サプリを選びましょう。
特に普段から野菜不足の人は、妊娠に関係なく葉酸サプリを摂るとよいのですが、長く続ける場合は特に安いに越したことはありません。